肉食系女子の特徴とアプローチ方法

肉食系女子のイメージと言えば、草食系男子を食べるとか、恋に奔放と言う感じでしょうか。

肉食系女子の気をひくには、どうすればいいのでしょうか。

肉食系女子の恋愛心理、そして、彼女達の心を動かすアプローチの手法についてご紹介します。

1.肉食系女子の特徴

まずは、肉食系女子の特徴を知りましょう。

彼女達は世間のイメージ通り恋愛に積極的です。

彼氏がいない期間が、ほとんど無い女性も多くいます。

彼女達が最も興味や関心があることは、恋愛です。

彼女達が女子会をした場合、最も話題に上がるのが恋愛の話題です。

彼氏との交際の様子を赤裸々に友人に語ったりします。

肉食系女子の中には、マスコミ関係者などハードに仕事をしている人達も多いです。

しかし、興味がある男性からデートに誘われればファッションやメイクをバッチリと整えて、待ち合わせ場所に現れます。

肉食系女子と言うだけあって、とてもエネルギッシュです。

2.肉食系女子の意外な本質

次は、肉食系女子の本質を掘り下げます。

肉食系女子は、表に出ている行動や発言と心の中の思考や性質は反対の場合が多いのです。

肉食系女子が恋愛を1番に考えることの理由に、実は意外にも肉食系女子は自分に自信が無く、寂しがり屋です。

強く愛されている女として1番に見られていると言うことを、彼女達の内面が求めているのです。

強気な行動、強気な発言の裏には、肉食系女子の弱さが隠れています。

肉食系女子を射止めたい男性は、彼女達の本質を把握した上でアプローチをしていくと、成功率はグンと高くなります。

3.肉食系女子が求めるデート

肉食系女子が求める恋愛、それは意外にも「愛されている」と感じるシチュエーションです。

デートをする際は、きちんとデートの雰囲気があるレストランやBarに連れていく必要が有ります。

値段が高い場所じゃなくてもOKです。

場所が重要な理由は、肉食系女子をそういう場所に連れていくことで「私を大事に思ってくれている」と感じてくれるからです。

肉食系女子は、自分からデートに誘ったとしても、交際に至ったのは、彼が私を求めたからと言うドラマティックな展開が欲しいのです。

彼女からの誘いのデートだとしても、オシャレな場所を提案しましょう。

ダメなこととしては「いつもの居酒屋でいいよねー」と言うような、デート場所に気を使わないことです。

先述でもありますが、肉食系女子は、他と差別化してあげ「私のことを大事に思っている」と思わせることが大事です。

4.肉食系女子の心を動かす愛情表現のコツ

肉食系女子は、曖昧な表現を好みません。

男性が肉食系女子をデートに誘い「〇〇ちゃんといると楽しい。

これからも、ずっと仲良くしようね」と言ったとします。

肉食系女子は、それを聞くと「嬉しいけど、これって、私は友達扱いなの?」と、心の中でモヤッとします。

彼女達はデリケートなので、モヤッとすることに耐えられません。

愛情表現は、はっきりと伝えることが重要です。

「俺は〇〇ちゃんのことが好きなんだけど、〇〇ちゃんは、俺のこと、どう思ってるの?」と、至ってシンプルですが、分かりやすい表現が大切です。

勿論、もっとロマンティックな表現でもOKです。

重要なポイントは「好き」「愛している」と言う、分かりやすい言葉が入っていることです。

5.肉食系女子は、恋愛にスピードを求める

肉食系女子は、ゆっくりな恋愛ドラマを好みません。

何度会っても、お酒飲んで終わりだとします。

そうすると「彼にとって、私は女性なの?それとも男友達と同じ扱いなの?」とイライラしてしまいます。

肉食系女子は、イライラに対して、忍耐力は有りません。

肉体関係も無く、友達のような関係を続けてしまうと、肉食系女子は、愛想をつかします。

ですので、肉食系女子にアプローチをしたいと思ったら、デートの計画を立てて彼女を誘い早めに「好き」「愛している」と伝えることです。

奥手な男性は、グイグイ引っ張れない人も多いでしょう。

「自分は、あまり恋愛経験が無いから、デートに良い場所とか知らないけど、〇〇ちゃんと早く会いたい」と、自分のことを素直にカミングアウトし、早く誘いましょう。

肉食系女子は、面倒見が良い所も有りますから「私に会いたがっているなら、私がリードするわ」と、積極的に行動してくれます。

肉食系女子の特徴とアプローチ方法を知ろう

肉食系女子は内面が繊細な分、自分をないがしろにしていると感じることに耐えられない性質が有ります。

だからこそ、スピード感がある展開、分かりやすい愛情表現が必要です。

彼女達をモヤッとさせたり、イライラさせたりしないことは、とても重要なポイントです。

肉食系女子に対しては、しっかりと好意を伝えれば、きちんと受け止めてくれます。