彼女自慢をさりげなくする方法とは

今付き合っている女性がとても素敵な人なら、どうしても周りの人に自慢したくなってしまいます。

ただ、露骨に彼女を褒めすぎてしまうと、何だかいやらしくなってしまい、周りから白い目で見られてしまいます。

彼女自慢をいやらしくない形でする方法があれば、さりげなく「彼女はとても素敵な人なんだ」と伝えることができるでしょう。

1.はっきりと「自分の彼女を自慢したい」と言ってみる

彼女自慢をいやらしくない形でする方法は、はっきりと「自分の彼女を自慢したい」と言ってみることです。

あっけらかんとそう言われたら、聞いている方は苦笑いしながらも「じゃあ、話してみてよ」と聞く姿勢を見せてくれるでしょう。

彼女自慢をしたいと思った時に、少しずつ小出しにして自慢していると、相手は「言いたいことがあるならはっきり言えばいいのに」とイライラしてしまうことがあります。

彼女のことを自慢したい気持ちがあるのを見抜かれているのに、もぞもぞと他のことにかこつけて自慢しようとする姿勢は、何だかいじましく見えてしまうことでしょう。

それよりも「僕は彼女が大好きで、ちょっと自慢していい?」という風に宣言されたら、いっそ清々しさを感じるはずです。

言いたいだけ自慢したら、と後押ししたい気分になることでしょう。

彼女自慢をしたい時には、それをはっきりと口に出して言ってみましょう。

そういう風に言い出すことが、一番いやらしくない形で、彼女自慢をすることができるでしょう。

2.テレビの「料理番組」などを見ながらさりげなく自慢する

彼女自慢をいやらしくない形でする方法、それはテレビの料理番組などを見ている時に、さりげなく自慢するという方法です。

「そういえば、僕の彼女も料理が得意だったな」なんて切り出せば、相手は「どういう料理が得意なの?」と聞いてくれることでしょう。

料理が得意な彼女が自慢なら、そうやってテレビ番組にかこつけて「そういえば彼女って、和食もフレンチも何でもござれで作れるんだよ」と、淡々と言ってみましょう。

いかにも「すごいだろう」という雰囲気で言ってしまうと、周りの人から「自慢しやがって」と反感を買ってしまいます。

しかしナチュラルな感じで、あくまでふと思い出したという雰囲気で伝えれば、それは自慢ではなく「事実を伝えている」という印象になります。

周りで聞いている人達は、フーンと言いながら、きっと心の中では「料理上手の彼女か」と、羨ましく思うことでしょう。

彼女自慢をいやらしくない形でしたいなら、淡々とテレビを見ながらその番組にかこつけて話してみる事です。

そうすれば、周りで聞いている人達は「彼女自慢」と思うことなく、そのまま話を聞き続けてくれることでしょう。

3.芸能人や女優の話題が出た時を狙って「僕の彼女は」と比較しつつ自慢する

彼女自慢をいやらしくない形でするには、芸能人や女優の話題が出た時に、さりげなく比較してみることです。

そうすれば、自慢をしているよりも「分析している」という感じになるので、いやらしさヲ感じさせることなく、そういう話をすることができるでしょう。

美人でスタイルが良い彼女なら、正直言って大きな声で自慢したい気持ちがあるはずです。

ただ、それをあからさまに言ってしまうと、聞いている人はうんざりしてしまいます。

スタイルの良い女優の話が出た時には、さりげなく「それほどそのスタイルは珍しくないんではないか」と切り出してみましょう。

そして「だって、自分の彼女も同じくらいのスタイルだよ」と言ってみるのです。

周りで聞いていた人は「それはすごいな」と言いながら、きっと彼女のことを素敵な女性だと思ってくれます。

「彼女がすごい」と言われても「いやいやそんなことないよ」と、クールにスルーしてしまいましょう。

そうすれば、彼女を自慢している事実を上手にカモフラージュして、単に「彼女の話」をしているように感じさせることができるでしょう。

4.相手の恋人の話を聞きつつ、自分の彼女自慢をする

彼女自慢をいやらしくない形でしたい時には、相手の恋人の話を聞くようにしましょう。

「お前の彼女って、どういうタイプの女性なのかい?」と聞いてみれば、そのうち相手も「そっちこそ彼女はどんなタイプ?」と聞き返してくるからです。

そういう風に聞かれた時に、彼女の良いところをそっと話してみましょう。

相手の彼女が「かわいいタイプ」なら、そういうタイプが羨ましいみたいな感じでさりげなく褒めるようにしましょう。

その後に「自分の彼女はどちらかというと大人っぽいタイプだからな」と話してみるのです。

「かわいくないの?」と聞かれたら「うーん、どちらかというと「キレイなタイプ」かな」という風に言って、芸能人でいえば○○みたいなタイプと話してみましょう。

自分の彼女が実は相当な美人で、芸能人の○○に似ているなんて切り出したら、周りの人から「あー、はいはい」とうんざりした返事を返されてしまいます。

しかし、相手から「どういうタイプ」と聞いてもらえたら、その時こそ「美人」であることを自慢できるチャンスと言えるでしょう。

相手の彼女を褒めることで、相手も嫌な気になるわけがありません。

そうすれば、こちらが多少彼女自慢をしても、きっとにこにこしながら聞いてくれるでしょう。

彼女自慢をさりげなくしよう

彼女自慢をいやらしくない形でする方法は、いくつもあります。

相手の気持ちを考えて、その上で彼女の良いところを言うようにすれば、それは決していやらしい感じにはならないのです。

せっかく素敵で自慢をしたい彼女がいるのですから、上手にその魅力を周りの人に伝えるようにしてみましょう。

恋愛参考記事