彼女から「束縛しないで」と言われた時どうすれば良いか

付き合っている彼女のことを自分だけの物にしたいと思ってしまい、つい彼女のことを束縛してしまうことはよくあります。

しかしあまりにも束縛が酷いと嫌がられますが、彼女から束縛しないでと言われた時にはどのように対処すればいいのでしょうか。

1.連絡する回数を減らす

彼女から束縛しないで欲しいと言われた時には、できるだけ連絡する回数を減らすが大切です。

連絡回数が増えるとどうしても彼女とすれば、彼氏に監視されているように感じてしまいます。

そして毎回のようにどこで何をしているのかを聞かれれば、束縛されていることに対してストレスを感じてしまうでしょう。

束縛をしないように気をつけるには、まずは連絡する回数を減らすことが有効な手段のひとつです。

いくら彼女でもそれぞれプライベートの時間はあるので、どこで何をしようが好きにできるはずです。

もし自分が彼女に管理されるようになれば嫌だと思うはずなので、自分が嫌だと思うことは彼女にもしないことが大切です。

一緒にいない時は相手のことを信頼するからこそ、付き合っていくことができます。

2.二人で連絡する時間を決めておく

束縛しないでと言われてもやはり彼女のことは好きで気になるので、連絡をしたくなるのは当然です。

しかし連絡をしないようにするとなれば、いつ連絡をすればいいか迷ってしまうので、かなりのストレスとなってしまうでしょう。

そこで二人だけの時間として、毎日1回は連絡を取りたいと思えば、連絡する時間を決めておくことが有効な手段となります。

仕事終わりで落ち着いた時間に連絡すると決めておけば、お互いその時間に合わせて自分のプライベートも確保することができます。

付き合っている以上は連絡を取るのは自然なことですが、連絡をとり過ぎるのは束縛されているようで嫌に感じます。

連絡頻度は二人が納得できる回数だけにしておくことで、ストレスも少なく付き合うことができるはずです。

3.彼女のことを信じる努力をする

彼女から束縛しないで欲しいと言われた時には、相当彼女に対して束縛をしている状態なので、自分では気づかなくても彼女にとってはストレスになっています。

いつ誰とどこに行ったなど、毎回のように聞かれれば面倒に思いますし、男と遊びにいくなというのは当然かもしれませんが、あまりにも言われ過ぎるとストレスに感じます。

束縛されることを嫌う彼女にとっては、自分が信頼されていないという気持ちにもなるので、彼氏とすれば彼女のことを信じることが大切です。

束縛することの反対は彼女のことを信頼することなので、自分がまずは信頼することによって、彼女も期待に応えてくれるはずです。

4.彼女と別れたことを想像してみる

彼女から束縛しないように言われた時には、相当彼女も我慢している状態でしょう。

このままの状態では彼女から別れを切り出されてもおかしくないので、自分としても別れるのは嫌なはずです。

このまま自分が束縛をし続けることによって、いずれ別れてしまう可能性を考えれば、早く束縛をやめなければいけないと思えるはずです。

束縛しないでと言われた時には、彼女と別れた時のことを想像してみましょう。

大好きだからこそ彼女のことを束縛してしまうので、その彼女と別れてしまった方が自分にとっては悲しいことです。

ある程度束縛をやめることができれば、彼女と付き合い続けられると思うことで、束縛をやめようと決意することができるはずです。

束縛をやめなければ別れるかもしれないと想像することで、どちらを自分が選択するのかは自ずと決まってきます。

5.自分も社交的になる

束縛する人は自分が彼女のことを信頼できないので、つい束縛したくなってしまいます。

自分に自信がなく他の男性にとられてしまうのではないかと不安になるので、できるだけ束縛して男性を近づけたくないのです。

束縛する人の多くは自分に自信がないのですが、逆に自分が束縛されることに辛さを知らないことも多いです。

自分を変えるためにも社交的な性格になることによって、彼女は友達と普通に遊んでいるだけだと理解することができるはずです。

自分も社交的になって友達と遊んでみれば、彼女と女友達とはまったく違うことに気づくはずです。

彼女がいるから女友達とは恋愛感情なく付き合えますし、友達としての友情の方が強く感じられます。

彼女も同じなので自分が社交的になって、彼女の気持ちを考えてみることが大切です。

友達と遊んでいても浮気をすることはないですが、毎回彼女から束縛されるようになると面倒に感じるはずです。

お互いが社交的な性格になることで、より信頼し合える関係になれるかもしれません。

束縛と言われないためには彼女を信頼することが大事

自分が彼女に対して束縛してしまうのは、自分に自信がなく他の誰かに彼女をとられてしまうかもしれない不安があるからでしょう。

彼女から束縛しないように言われた時は相当ストレスが溜まっているので、自分がすぐにでも変わらないといけません。

束縛をやめるには彼女のことを信頼することが大切なので、自分の彼女を信じてみることから始めてみましょう。