人見知りでも合コンで成功する方法とは

異性との出会いを求めて参加する合コンですが、人見知りだとなかなか仲良くなれない、出会いが見つからないと嘆く男女は大勢います。

では、人見知りの場合にはどうしたら合コンで成功することができるのでしょうか。

今日はそのための5つのポイントをご紹介します。

1.人見知りということを最初に話す

人見知りの場合には周りの雰囲気になじみたいと思い、自分が人見知りでないようにふるまってしまいます。

しかし、逆にそれが相手にとって違和感を感じてさせてしまい、警戒されてしまいます。

そこで、最初から自分は人見知りであるということを相手に伝えましょう。

合コンでは最初に自己紹介することになっていますので、そのときに「人見知りですけど、よろしくお願いします」というような感じでみんなに伝えるなら、相手も自分に対する期待値というハードルを下げて接してくれます。

また、自分から失敗話や短所などを話すと相手も心を開いてくれるようになります。

結果的に打ち解けて話しやすい雰囲気を作ることができます。

さらに、人見知りのががんばって会話しようとしている姿は相手に確実に好印象を与えます。

それで、最初に人見知りであることを宣言しておけば、たとえ会話がぎこちなかったとしても、がんばっていると評価してもらえるのです。

2.無理にこちらから話さなくてもいい

人見知りは自分から見知らぬ人に話しかけるということが苦手です。

しかし、合コンでは自分から話しかけないと出会いがないと思い込んでしまいます。

結果、余計にぎこちなく異性に接して、相手に悪い印象を与えてしまうという悪循環に陥りがちです。

そこでできるのは、無理に自分から話しかけなくてもいいと割り切ることです。

ただし、話しかけない代わりにきちんと相手の話を聞くようにしましょう。

つまり、聞き手に回るようにしましょう。

相手の話に相槌を打つというようなリアクションをすることによって、相手はちゃんと話を聞いてくれているという安心感を抱いてくれます。

結果的に好印象を与えることになります。

3.気遣いを示す

人見知りは会話ではアピールできなくても、気遣いを示すという点で相手にアピールすることができます。

合コンの場合には空いたグラスを片付けたり、注文を取りにいったり、また大皿の料理を分けてあげたりというような、ちょっとした気遣いを示せる場面がたくさんあります。

そうした際には積極的に動きましょう。

また、お酒が弱い人がいる場合にはアルコールのメニューだけでなく、ノンアルのメニューなどをさらっと渡すことによっても相手に気遣いを示すことができます。

このように会話では目立てなくても、気遣いをこまめに示すことによって相手に絶好のアピールを行うことができ、優しい人という印象を与えることができます。

4.常に笑顔でいる

人見知りだからとって合コンの場で暗い顔をしていると相手からはつまらないのかなと思われてしまいます。

そこで、人見知りで会話に加われないとしても常に笑顔でいるように意識しましょう。

笑顔でいればおとなしい子だけど楽しんでいるんだという好印象を与えることができます。

特に、相手と目があったときに「にこっ」っと軽く笑顔になるだけで相手に与える印象は大きく変わります。

また、今話をしている相手の目を見て、笑ってあげるというのも重要です。

こうすることによって、この人は私の話を楽しんで聞いてくれていると相手に感じてもらえるのです。

5.マメに連絡をとる

最後に人見知りができる方法はマメに連絡を取るということです。

必ず合コンの次の日にはメールやLINEなどでお礼の連絡をするようにしましょう。

メールの文面は簡単でもいいのですが、昨日は楽しかったというような印象を相手に与えるものにするならば、好印象を残すことができます。

人見知りの場合には会話よりもメールで文章にしたほうがコミュニケーションをとりやすいものですので、合コンが終わったあとはこまめに連絡するように心がけましょう。

実際、1回の合コンだけでカップルになるというのはほとんどありません。

合コンのあとにいかに連絡を取り続けるかがチャンスをものにするポイントとなります。

ただし注意が必要です。

例えば、合コンが終わってすぐにメールやLINEで密に連絡を取り合うと相手もちょっとびっくりする可能性があります。

そこで、最初は簡単で簡潔な文面でやり取りするようにしましょう。

自然な感じで連絡を取りあるようにすることが大切です。

人見知りでも合コンで成功しよう

人見知りでもこうした方法を活用することによって合コンでも成功することができます。

合コンは会話ができる人、容姿の良い人だけがモテるというわけではありません。

大切なのは相手に好印象を残すということです。

それは言葉よりも気遣いとか接し方でアピールすることができます。

それで、決して人見知りだからといってあきらめないようにしましょう。

むしろ、人見知りだからこそできることはたくさんあります。