女性のオチのない長話を聞く方法とは。上手に気分よく聞ける様になろう

女性の話を聞く場面で、オチは?と感じたことのある人もいることでしょう。

話のオチを求める人もいれば、実際は話を聞いて欲しいだけの人など、話す内容は人それぞれです。

しかし、オチのない話をただ淡々と聞いているだけというのは辛く、どうして良いか悩むことのある人も多いでしょう。

では、このような状況では、どんな対応をしてあげるのが正解なのでしょうか。

今回は、女性のオチのない長話を聞く時のコツをご紹介します。

1.話の腰を折らない

女性のオチのない長話を聞く時のコツとしては、話の腰を折らないことです。

長話になると途中で飽きてしまい、自分が話すターンに持っていきたい人もいるでしょう。

しかし、話を聞いて欲しい女性からすると邪魔なだけであり、ケンカの原因にもなりやすい場面です。

そのため、女性の長話を聞く時には極力話しの腰を折らないようにすることが大切であり、間違っても自分が話す状況に持っていかないことが必要です。

では、具体的にどうするべきかといえば、適度に質問を挟むといいでしょう。

やはり、聞いているだけというのはしんどく、自分も話したくなるのは当然だといえます。

そのような時には、話をそらさずに話を続けるために、質問が良い方法だといえます。

相手の話に応じて質問をすることができれば自分の話すタイミングも生まれ、相手の話をただ聞いている状況から抜け出すことが出来ます。

それでいて、相手に話を遮られたという不快な思いをさせることもないのです。

2.同意や肯定を心がける

女性のオチのない長話を聞く時のコツとしては、同意や肯定を心がけることです。

話を聞く時の基本でもありますが、相手の話すことを否定してはいけません。

相手はただたんに話を聞いてほしいだけであり、意見を求めているわけでは無いからです。

もし、話のはじめに率直な意見がほしいと言われたのであれば、自分の意見を話してもいいでしょう。

しかし、このような場合には、大抵が話を聞いてほしいだけであり、聞く側の意見は必要ないのです。

そのため、話を聞く際には、同意と肯定をベースに話を聞くといいでしょう。

3.話を聞いていることをアピールする

女性のオチのない長話を聞く時のコツとしては、話を聞いていることをアピールしましょう。

長話になると聞いている側は疲労がたまり、対応がぞんざいになってしまうこともよくあります。

しかし、話している側も相手の対応には気づくので、相槌が適当すぎる、あからさまに話を聞いていないといった態度をされては、怒ってしまうことが当然だといえます。

そのため、例えオチがない長話であっても、話を聞いているアピールは大切です。

では、具体的にどのようなアピールをすればよいかといえば、基本は相槌と頷きです。

話を聞いているよというアピールは「うん」「なるほど」などの言葉が適切であり、無言でいるよりも、このような相槌があることで、相手の印象は変わります。

また、軽い頷きも大切であり、声を出さずに話を聞いているというアピールは、この頷きで行っていきますこのように、女性のオチのない長話を聞く時は話を聞いているアピールが大切であり、頷きと相槌という2つを上手く使えるようになるといいでしょう。

4.すべての話にオチがあると思わない

女性のオチのない長話を聞くコツとしては、すべての話にオチがあると思わないことです。

話に起承転結を求めてしまう場面はよくありますが、すべての人が面白い話をしようとしているわけではないのです。

ただ単にあったことを聞いて欲しい人もいるということを理解し、全てにオチがあるわけではないと気づくことが必要でしょう。

誰もが面白い話をできるわけではなく、オチを過剰に求めることで、自分を苦しめることもあります。

また、このように考える理由としては、オチを求めることで嫌われる場合があるからです。

稀にやってしまう人がいるのは「で、オチは?」とオチを求めてしまうことです。

このような態度は相手に嫌われることがほとんどであり、言われて嬉しい人はいないでしょう。

全ての話を面白くしないといけないという態度は良いものでなく、何の話をするかは人それぞれです。

特に女性は面白い話ではなく、自分の話を聞いてほしいだけであるパターンが非常に多いので、全ての話にオチがあると勘違いした態度は取らないことが必要になります。

女性のオチのない長話をうまく聞こう

女性のオチのない長話を聞く時のコツとしては、基本はとにかく相槌とうなずきです。

聞くのが辛いと感じるかもしれませんが、話を聞いているという態度は、どんな場面でも大切なことです。

変に盛り上げようとせず、話を聞いているというアピールを積み重ねていくといいでしょう。

また、これ以外に良い方法としては、質問をすることです。

その質問から話題を広げることもできるので、相槌や頷きに加え、自分から質問を重ねていくと、オチのない長話も楽しい会話に変えることができるでしょう。