女性が話しかけづらいと感じる男性の特徴

恋愛を始めるためにはまずは会話が重要。

しかし、世の中にはなかなか女性から話しかけてもらえないという男性がいます。

女性が話しかけづらいと感じる男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

1.顔や見た目が怖い

まず女性に話しかけられない男性の場合、顔や見た目が女性にとって怖いという特徴があります。

例えば、怒っているわけではないのに怒っていると言われる、なにも考えていないと言う場合でも機嫌が悪いと言われる男性は、女性に怖がられている可能性があります。

怖いと言われる人の場合は表情に特徴があります。

一重まぶたの人は表情が読めないため、怒っている、機嫌が悪いと言われてしまうことがあります。

また、目が悪い人も要注意。

目が悪いのに眼鏡などをかけていない場合や、コンタクトなどの度があっていないといった場合など、相手をにらんでいるように思われてしまいます。

さらに、無表情に見えるという人も要注意。

本人は特に何を考えているわけでもないのに、怖い人、冷たい人と思われがちです。

無表情な人はもともと、感情表現が苦手なことも多く、通常でもあまり表情が変わらないため、その結果、さらに無表情になってしまいます。

誰でも、怖い人には話しかけたくないものです。

もしかすると、自分ではそうは思っていなくても、周囲にとっては怖い存在になっているのかもしれません。

2.ファッションが独特

女性から話しかけづらい男性の場合、ファッションが独特な場合も少なくありません。

例えば、パンチパーマや角刈り、坊主といった男性の場合、怖がられる可能性が高くなります。

その場合、派手な服装をしていると暴力団関係者と勘違いされる可能性もあり、より一層女性は怖がってしまいます。

また、服の素材にも注意が必要です。

例えば革ジャンや革のジャケットなどワイルド系のファッションの場合、怖いというイメージが強すぎるため、女性は敬遠しがち。

それ以外にも、カラフルすぎるものや、こだわりの強そうなファッションを身につけていると、関わりたくないと思わることもあります。

ファッションに関しては、色も大事な要素ですが、黒一色でまとめているといった場合にも、女性は敬遠する傾向にあります。

しかし逆に赤や黄色といった派手すぎる服装も考え物。

できるだけ穏やかそうな色や、パステルカラーなどの色を選び、素材もニットなど柔らかそうなイメージのものを身につけると、女性から声を掛けられる機会も増えるかもしれません。

3.いつも忙しそう

男性にとっては意外かもしれませんが、いつも忙しそうにしているという人にはなかなか声を掛けにくいものです。

例えば、常に速足である、スマホばかり見ている、気が付くと時計を見ているなどの行動は「今は忙しくしているから話しかけてはいけないんだな」と思われてしまいます。

この場合、本当に忙しいかどうかは関係がありません。

忙しそうに見えることで、話しかけるタイミングを失ってしまいがちです。

人に声を掛けてもらいたいと言う場合、どれだけ忙しくても余裕のあるような顔をしておきましょう。

また「忙しそう」と同じように「疲れてそう」という人も女性にとっては声を掛けづらいものです。

この場合も、本当に疲れているかどうかは関係がありません。

気が付くとため息をついている、難しい顔をしているという男性に対しては「疲れているならそっとしておいてあげよう」という心理が働くため、どうしても声を掛けることが難しくなります。

もし女性に声を掛けてもらいたい場合には「声を掛けてもOK」というサインを出す必要があります。

そのときに必要になるのが表情。

無理をして笑顔でいる必要はありませんが、余裕のある、穏やかな表情を心がけるといいでしょう。

4.自分の世界がはっきりしている

自分の世界がはっきりしている男性に対して、女性はなかなか声を掛けることができません。

例えば、誰も知らないような音楽や本、映画などが好きという場合には、共通の話題が見つからないだろうと考えて、女性は声を掛けるのが難しくなります。

また、あまりにもマニアックな趣味や好みを全面に押し出している場合には「それを知らないと馬鹿にされそう」といった気持ちになり、やはり接触を避けようと言う考えになります。

さらに専門的な趣味や好みを持っていると、どうしても敷居が高くなるということがあります。

そのため、たとえ自分の世界がはっきりしている場合でも、できるだけそれが分からないように心がけたほうがよいでしょう。

話しかけづらいを思われるのを避けよう

恋愛において、コミュニケーションは非常に重要な要素です。

そのために必要なのは、まずは会話を行うこと。

女性に話しかけづらいと思われるのは男性にとっても非常に損をしているということになります。

工夫しだいで女性が話しかけやすいと思う男性になることは可能なので、改めて自分の見た目やファッション、言葉遣いなどをチェックしてみるとよいかもしれません。